2024年6月の子供用GPSキャンペーン割引情報はこちら>>

子供がGPSを嫌がるときの対処法は?何歳から持たせるべき?

当ページのリンクには広告が含まれています。
子供がGPSを嫌がるときの対処法は?プライバシーを守る方法も

子供がGPSを嫌がるときの対処法について紹介します。

子供の安全を守るために、子供にGPSを持たせたいと考えている方も多いと思います。

はな

でもGPSを持たせようと思ったら、子供がGPSを嫌がることも多いと聞きます。

子供がGPSを持つことを嫌がったとき、親はどうすればいいのでしょうか?

今回は、子供がGPSを嫌がるときの対処法と、嫌がる子におすすめのGPS端末を紹介していきます!

私はGPSを持たせる前に、「GPSを持たせる理由」を子供に説明したところ、子供は嫌がらずにGPSを持ってくれましたよ。

「どこにいるか心配で持たせているだけだよ」と伝えれば、子供もきっと納得して持ってくれるはずです。

実際に子供が持ってくれているGPS端末がこちらのあんしんウォッチャーです!

今なら月額料金が最大1年間無料!

あんしんウォッチャーを手にするなら、今手にしないと損です

>>あんしんウォッチャーの詳細はこちら

目次

子供がGPSを嫌がる理由

子供がGPSを持つことを嫌がるのは、大きく以下の3つの理由があります。

  • プライバシーの侵害だと思ってしまうから
  • 自由が制限されると感じるから
  • 周りからの反応が嫌だから

GPSを持つということは、いつどこに行ったのか自分の行動がすべて親に知られてしまうということです。

そこにストレスを感じ、プライバシーが侵害されていると不安になってしまうことから、子供がGPSを嫌がることがあります。

はな

確かに、親に常に行動をチェックされていると思うと、自分の好きなように動くことができないですよね。

私が子供に持たせているあんしんウォッチャーも、位置情報だけでなく移動履歴まで分かるようになっています。

そこまで分かると親は安心ですが、子供からすると自由を制限されてしまうことになるので、そこに不満を覚えてしまう子も中にはいるんです。

また、GPSを持っている子はまだそこまで多くなく、持っているだけで周りの子に珍しがられたり、からかわれたりするかもしれません。

そういった周りの反応を嫌がってGPSを持ちたくないと嫌がる子もいます。

子供がGPSを嫌がるときの対処法

GPSは確かに行動がすべて筒抜けになるので、子供が嫌がる気持ちも分かります。

でも親としては、子供の安全のためにもぜひGPSを持たせたいですよね。

はな

実際、私もあんしんウォッチャーを子供に持たせてから安心して帰りを待てるようになったので、GPSを持たせて本当に良かったと思っています。

そこでここからは、子供がGPSを嫌がるときの対処法について紹介していきたいと思います!

  • 子供にGPSを使うメリットを説明する
  • GPSの使い方を子供にきちんと教える
  • GPSのルールを子供に決めさせる
  • 子供にGPSのデザインを選ばせる

ただGPSを持たせるだけだと、子供が嫌がるのは当然です。

はな

GPSを持たせる前に子供とコミュニケーションをしっかり取ると良いですよ♪

では、子供がGPSを嫌がるときの対処法について1つずつ詳しく解説していきますね。

子供にGPSを使うメリットを説明する

ただGPSを渡すだけでは、子供も納得できません。

自分がどうしてGPSを持たなければいけないのか?そこが分からないと子供だって不安になってしまいます。

はな

GPSがどうして必要なのか、どんな便利な機能があるのか、GPSを使うメリットを分かりやすく子供に説明しましょう。

GPSの中には、ただ位置情報を把握するだけではないGPSも多いです。

例えば何かあったとき、ボタンを押すだけで親のスマホに通知が届く機能が付いているGPSもあります。

私が子供に持たせているあんしんウォッチャーも、真ん中にボタンが1つあり、このボタンを押すと私のスマホに通知が来るようになっています!

ただ位置情報が分かるだけでなく、子供から連絡できる機能があることも伝えておくと、子供も嫌がらずにGPSを持ってくれるかもしれないですね。

GPSの使い方を子供にきちんと教える

よく分からないものを持たされても、子供も不安になってしまいます。

はな

GPSを持たせるときは、子供にGPSの使い方を教えてから持たせるようにしましょう。

GPSの操作方法や通知機能などを教え、自分で使えるようにさせておくと良いですよ。

子供がGPSを自分のものとして感じられれば、嫌がらなくなる可能性があります。

できれば年齢に合わせて、小学校低学年の子供であればあんしんウォッチャーのような機能がシンプルなGPSがおすすめです!

機能が複雑で使い方が分からないと、子供がGPSを持つことを嫌がってしまう可能性があります。

GPSのルールを子供に決めさせる

GPSを持つときのルールを親が一方的に決めるのではなく、子供に決めさせるのがおすすめです。

はな

どんなルールが必要か一緒に考えることで、子供がGPSに興味を持ってくれやすくなります!

例えば、いつどこでボタンを押すか?どんな場合に親に連絡するか?などを決めておくと良いですね♪

子供が自分でルールを決められれば、責任感や自主性も育てることができます。

子供にGPSのデザインを選ばせる

GPSを購入するときは、GPSの見た目や色などを選ばせて、子供の好みに合わせるのもおすすめです。

はな

子供が気に入ったデザインのGPSであれば、嫌がらずに持ってくれる可能性が高くなります!

私が子供に持たせているあんしんウォッチャーの場合、色はホワイトカラー1色なので本体のカラーを選ぶことはできませんでした。

しかし、専用ケースの色は3色から選べたので、子供にケースの色を選ばせてみたんです。

自分で選んだケースだから、子供も抵抗なく持ってくれています♪

GPS本体のカラーやデザインが選べなければ、ケースを子供に選ばせるのもおすすめですよ。

以上のような対処法を試してみると、子供も嫌がらずにGPSを持ってくれるはずです。

GPSを購入する前にぜひ子供とじっくり話し合ってみてくださいね。

GPSは何歳から持たせるべき?

そもそもGPSは何歳から持たせるべきなのでしょうか?

はな

私は小学1年生になったタイミング、つまり6歳から子供にGPS端末「あんしんウォッチャー」を持たせています!

GPSを持たせるタイミングはご家庭によりますが、一般的に子供が小学生になったタイミングで持たせる家庭が多いため、6~7歳でGPSを持っている子が多いようです。

中には入学準備としてGPSを用意し、入学後すぐに子供にGPSを持たせている方もいるんですよ。

小学生になると1人で外を歩くことが増えるため、親としては心配ですよね。

特に「何歳から持たせるべき」という決まりはないので、子供のことが心配であればそのタイミングでGPSを子供に持たせると良いですよ♪

まとめ:子供がGPSを嫌がるときの対処法は?何歳から持たせるべき?

子供がGPSを嫌がるときの対処法について紹介しました。

大事なことは、ただ持たせるのではなく子供にGPSについて理解してもらうことです!

子供にGPSの必要性や目的、使い方などを説明したり話し合ったりすることで、子供のGPSに対する抵抗感や不信感を減らすことができますよ。

はな

また、子供のプライバシーも守るためにも必要以上に位置情報や行動履歴を見ないようにしましょう。

親子でやり取りできる機能が付いたGPS端末もありますので、GPSを嫌がる子にはそういったGPS端末を持たせてみると良いかもしれないですね!

私が実際に子供に持たせているあんしんウォッチャーも、ボタンを押せば私のスマホに通知が来るようになっています。

あんしんウォッチャーの場合、通知が届くだけで子供とやり取りできるわけではありませんが、子供から連絡が来るだけで安心感が全然違います。

機能はシンプルですが、だからこそ小学1年生の子供にも持たせやすいところが気に入っています♪

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、良かったらぜひ参考にご覧くださいね。

あわせて読みたい
あんしんウォッチャーの口コミは?実際に購入して1年以上使った本音レビュー GPS端末「あんしんウォッチャー」を実際に使ってみた口コミを紹介します。 あんしんウォッチャーを使ってみたところ、GPSの精度の良さにビックリしました! 子どもの位...

>>>あんしんウォッチャーの詳しい口コミはこちら

おすすめのGSP端末「あんしんウォッチャー」を実際に使ったレビューをまとめています!

GPSおすすめランキングTOP3

目次